株式会社増富

高度管理医療機器等販売業 許可番号 第100327号

  • 心臓の基礎
  • 心疾患の基礎
  • 不整脈
  • 虚血性心疾患
  • 心臓弁膜症
  • 静脈系疾患
  • 動脈系疾患
  • 大動脈疾患
  • 先天性心疾患
  • その他心疾患
  • 心臓手術
  • カテーテル治療
  • 機械的補助循環装置
  • 入院~退院後の流れ

虚血性心疾患

リンパ系疾患

その他心疾患

リンパ管とリンパ節の概要

リンパ管は、全身の組織からリンパ液を排出させ、2つの集合管を通して静脈系に戻す役割を担っています。

リンパ節の主な機能は、リンパ液をろ過し、有害な物質を除去することであり、免疫細胞が活性化し人体を守るための重要な役割を果たしています。閉塞や感染症、がんの罹患などの何らかの要因によって、これらリンパ系が正常に機能しないことで様々な全身症状が現れます。

リンパ管

  • 構造:リンパ管は、体内のリンパ液を運ぶ細長い管状の構造です。細かい毛細リンパ管から始まり、次第に大きなリンパ管へと合流していきます。
  • 機能:リンパ管の主な機能は、組織から余分な液体、タンパク質、廃棄物、さらには細菌やウイルスなどの異物を収集し、血液循環系に戻すことです。

リンパ節

  • 構造:リンパ節は、リンパ管の途中に存在する豆の形をした小さな器官です。全身に数百から数千存在し、特に首、腋下、腹部、鼠径部に集中しています。
  • 機能:リンパ節の主な機能は、リンパ液をろ過し、有害な物質を除去することです。また、免疫細胞がここで活性化し、体を守るための重要な役割を果たします。

リンパ液の循環とその重要性

リンパ液の循環

リンパ液は、血管系から漏れ出た液体と細胞外からの液体が混ざり合ったものです。この液体はリンパ管を通じて体内を循環し、最終的には胸部の大きなリンパ管を経て静脈系に戻されます。

循環過程でリンパ節を通ることで、リンパ液はろ過され、有害な微生物や異物が除去されます。

重要性

  • 体液バランスの維持:リンパ系は体内の液体バランスを調整し、組織の腫れや浮腫を防ぎます。
  • 免疫応答:リンパ系は免疫細胞を運び、ウイルスや細菌から人体を守る免疫応答の役割を担っています。
  • 廃棄物の排除:体内の不要な物質や廃棄物を除去し、清浄な体内環境を維持します。

心臓疾患とリンパ系疾患の関連性

心臓疾患とリンパ系疾患は、両方が体液の動きと密接に関わっているため、相互に影響を及ぼすことがあります。このセクションでは、心不全がリンパ循環に及ぼす影響と、それに伴うリンパ浮腫の診断と管理について掘り下げます。

心不全とリンパ浮腫

心不全は、心臓が体全体に十分な血液を送ることができない状態を指します。この状態は、体内の液体バランスに影響を与え、特にリンパ系に負担をかけることがあります。

心不全によるリンパ循環の影響

  • 液体の滞留:心不全により、血液が体内で十分に循環せず、血管外に液体が漏れ出ることがあります。この余分な液体は、リンパ系によって回収される必要がありますが、リンパ系が過負荷になると、効率的に処理できなくなります。
  • リンパ浮腫の発生:リンパ液の流れが滞ると、組織内に液体が蓄積し、リンパ浮腫が発生します。心不全が原因で生じるリンパ浮腫は、主に足や足首に見られますが、重度の場合は腹部や胸部にも影響を及ぼすことがあります。

リンパ浮腫の診断と管理

検査と診断

  • 既往歴と身体検査:患者の病歴の詳細な把握と、液体が滞留している領域の身体検査が最初のステップです。
  • 画像診断:リンパ管造影、MRI、CT検査などの画像診断手法がリンパ流の異常を詳細に評価します。
  • 生化学的検査:心不全の指標となるBNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)などの血液検査も重要です。

管理

  • 圧迫療法:弾性スリーブや弾性ストッキングなどの弾性衣類を使用して液体の蓄積領域に圧力をかけ、リンパ液の流れを促進します。
  • 物理療法:リンパドレナージやマッサージ、運動療法などが、リンパ液の循環を改善します。
  • 薬物療法:心不全の管理に加え、利尿剤が液体の蓄積を減らすのに役立ちます。
  • 手術的介入:重度のリンパ浮腫には、リンパ管を再建する手術や余分な組織を除去する手術が選択されることがあります。

感染性心内膜炎とリンパ系

感染性心内膜炎は、心臓の内膜に生じる感染症であり、特に心臓の弁に影響を及ぼします。この疾患は、血流を通じて病原体が心内膜に達することによって発生しますが、リンパ系もこの感染において重要な役割を果たします。

感染性によるリンパ系への広がり

病原体の拡散経路

  • 感染性心内膜炎における主な病原体は細菌、特に口腔内の手術や歯科処置後に細菌が血流に入ることが多くあります。
  • 病原体は、血流に乗って心臓に達するだけでなく、感染した部位からリンパ系を介して全身に拡散することもあります。

リンパ系の影響

感染がリンパ系に達すると、リンパ節の腫れや炎症を引き起こすことがあります。これは、免疫応答によりリンパ節が活性化して炎症が起こっています。

予防と治療戦略

予防措置

  • 衛生管理:口腔衛生を徹底し、歯科診療前後の抗生物質の予防投与を検討します。
  • 早期検査:定期的な医療検査を受けることで、心内膜炎の初期徴候を早期に発見し、治療を開始することが可能です。

治療方法

  • 抗生物質療法:感染性心内膜炎の主治療は、特定の病原体に対する長期間の抗生物質療法です。
  • 手術:重度の症例や抗生物質治療に反応しない場合は、感染した心内膜や心臓弁の修復または交換のための手術が必要になることがあります。

リンパ系への対策

病原体がリンパ系に広がった場合、リンパ節の感染管理と免疫系のサポートが重要です。

リンパ系疾患の概要

リンパ系は、体液の循環や免疫機能の維持に不可欠な役割を果たします。この系に影響を与える疾患は、リンパ管炎、リンパ節炎、およびリンパ浮腫を含みます。これらの疾患は、それぞれ特有の原因、症状、診断法、および治療方法を持ち、患者の生活の質に大きく影響を与えることがあります。

リンパ管炎

リンパ管炎はリンパ管の炎症を伴う状態であり、この炎症は通常感染によって引き起こされます。

リンパ管炎の原因と症状

  • 原因: 主に細菌感染によるもので、特に皮膚の切り傷や傷害を通じて細菌が侵入した場合に発生しやすいです。時には、真菌や寄生虫が原因となることもあります。
  • 症状: 患部の赤み、腫れ、熱感、痛み、および皮膚の上を走る赤い線が特徴的です。
  • リンパ管炎の診断と治療方法
  • 診断: 医師は患者の病歴と身体検査を行います。必要に応じて血液検査や細菌培養などの追加検査が行われることがあります。
  • 治療方法: 抗生物質が一般的に用いられます。重症の場合は、入院治療が必要になることもあります。

リンパ節炎

リンパ節炎は、リンパ節の炎症を伴う疾患で、感染や他の疾患の結果として発生することがあります。

リンパ節炎の原因と症状

  • 原因: 多くの場合、細菌やウイルスによる感染が原因です。自己免疫疾患や特定のがんのような他の疾患が原因となることもあります。
  • 症状: 患部のリンパ節が腫れ、痛みを伴うことが一般的です。発熱や全身の倦怠感が伴うこともあります。
  • リンパ節炎の診断と治療方法
  • 診断: 身体検査の他、血液検査、画像診断(エコー、CT、MRI)、場合によってはリンパ節の生検が行われます。
  • 治療方法: 原因に応じて、抗生物質や抗ウイルス薬が使用されます。原因が自己免疫疾患やがんの場合は、それぞれの疾患に対する特定の治療が必要です。

リンパ浮腫

リンパ浮腫は、リンパ液が体組織内に異常に蓄積する状態です。この蓄積は、リンパ系の損傷や閉塞により引き起こされることが多いです。リンパ浮腫は、がん治療に関連する手術や放射線療法によるリンパ節の損傷、遺伝的な要因、または感染症によるものなど、さまざまな原因で発生する可能性があります。

リンパ浮腫の原因と症状

  • 原因: リンパ系の機能障害によるもので、具体的には、リンパ節やリンパ管の除去、がんの腫瘍によるリンパ系の圧迫、あるいは寄生虫感染症によるリンパ管の損傷などが挙げられます。
  • 症状: 患部の腫れ(特に手足)、皮膚の硬化や厚みの増加、痛みや不快感、感染のリスク増加などが特徴的です。

リンパ浮腫の診断と治療方法

  • 診断: 身体検査のほか、リンパ系の画像診断(リンパ造影やMRI)が行われることがあります。これにより、リンパ液の流れの障害やリンパ管の構造異常を特定できます。
  • 治療方法: 完全な治癒は困難ですが、症状の管理と悪化の予防が重要です。圧迫療法(弾性衣類の着用)、リンパドレナージ(手技によるリンパ液の流れの促進)、適切な運動、皮膚ケア、場合によっては手術が治療に用いられます。

予防と管理のアプローチ

生活習慣の改善と予防策

心臓とリンパ系の健康を維持するためには、バランスの取れた食生活、定期的な運動、適切な体重の管理、ストレスの軽減が重要です。

  • バランスの取れた食生活: 野菜、果物、全粒穀物、低脂肪のタンパク質源(魚、豆類、鶏肉)を中心とした食事を心がけます。加工食品、砂糖、塩分、飽和脂肪の摂取は控えめにします。
  • 定期的な運動: 週に最低150分の中程度の有酸素運動(速歩き、サイクリングなど)または75分の有酸素運動(ジョギング、水泳など)、またはこれらの組み合わせを推奨します。
  • 体重管理: 健康的な体重を維持することで、心臓病、高血圧、糖尿病などのリスクを低減します。BMI(体格指数)とウエスト周囲を定期的にチェックし、理想的な範囲内に保ちます。
  • ストレス管理: 瞑想、深呼吸、ヨガ、適度な運動はストレスを軽減するのに役立ちます。また、趣味や社交活動に参加することも精神的な健康に有益です。

定期的な検診の重要性

定期的な検診は、リンパ系疾患やその他の健康問題を早期に発見し、効果的に治療するために不可欠です。以下は検診の重要性に関する詳細です。

  • 早期発見: 定期的な血液検査、身体検査、画像診断などを通じて、リンパ系疾患の兆候や症状を早期に発見します。
  • 病歴とリスク因子の評価: 家族歴、遺伝的要因、リスク因子(喫煙、不適切な食生活など)を評価し、個別の健康管理計画を立てます。

入院~退院後の流れと、リハビリについて

心臓手術を受ける患者の入院から退院後に至るまでのプロセスと、心臓リハビリテーションについては以下のリンクをご参照ください。
入院中のケアから、退院後の生活への適応、そして心臓リハビリテーションを通じての健康回復と生活質の向上に至るまで、ご紹介しています。

よくある質問

こちらのコラムの内容の要点を「よくある質問」からまとめています。

リンパ系の主な役割は何ですか?

リンパ系の主な役割は、体液の循環と免疫応答の促進、および廃棄物の排除にあります。体内の液体バランスを調整し、組織の腫れや浮腫を防ぎながら、免疫細胞を運搬して体を守ります。

リンパ管とリンパ節の機能は何ですか?

リンパ管は余分な液体、タンパク質、廃棄物、細菌やウイルスなどの異物を組織から収集し、血液循環系に戻す役割を持っています。リンパ節はリンパ液をろ過し、有害な物質を除去するとともに、免疫細胞が活性化し体を守るための重要な役割を果たします。

リンパ浮腫とは何ですか?

リンパ浮腫は、リンパ液が体組織内に異常に蓄積する状態を指し、リンパ系の損傷や閉塞により引き起こされます。主に手足に腫れを引き起こし、皮膚の硬化や感染のリスク増加などの問題を伴います。

心臓疾患とリンパ系疾患の関係は?

心臓疾患、特に心不全は、体内の液体バランスに影響を与え、リンパ系に負担をかけることがあります。これは、血液循環の不足により液体が血管外に漏れ、リンパ浮腫の原因となることがあります。

リンパ管炎とリンパ節炎の違いは何ですか?

リンパ管炎はリンパ管の炎症を指し、主に細菌感染によって引き起こされます。一方、リンパ節炎はリンパ節の炎症を示し、細菌やウイルスの感染、自己免疫疾患、あるいはがんの結果として発生することがあります。どちらも腫れや痛み、発熱などの症状を伴いますが、発生する部位が異なります。

関連コラム

【参考文献】

・リンパ系疾患の理解に重要なリンパ系のしくみ
https://www.kango-roo.com/learning/7239/

心疾患情報執筆者

心疾患情報執筆者

竹口 昌志

看護師

プロフィール

看護師歴:11年
《主な業務歴》
・心臓血管センター業務
(循環器内科・心臓血管外科病棟)
・救命救急センター業務
(ER、血管造影室[心血管カテーテル、脳血管カテーテル]
内視鏡室、CT・MRI・TV室など)
・手術室業務
・新型コロナウイルス関連業務
(PCR検査センター、コロナ救急外来、HCU、コロナ病棟、
コロナ療養型ホテル、コールセンター)

株式会社 増富