株式会社増富

高度管理医療機器等販売業 許可番号 第100327号

  • 心臓の基礎
  • 心疾患の基礎
  • 不整脈
  • 虚血性心疾患
  • 心臓弁膜症
  • 大動脈疾患
  • 先天性心疾患
  • その他心疾患
  • 心臓手術
  • 入院~退院後の流れ

心疾患と診断方法

心疾患の基礎

聴診

聴診は、医療の基本であり、心疾患の初期診断における最初のステップです。聴診器を用いて心音や心雑音を聞くことで、心疾患の存在を示唆します。心音の異常は、心筋症や弁膜症など、様々な心疾患の初期指標となり得ます。

聴診の方法

心音の種類とその意味

心音は、通常、S1(第一心音)とS2(第二心音)の2つの主要な音で構成されます。S1は心室収縮時に僧帽弁と三尖弁が閉じる音であり、S2は心室拡張初期に大動脈弁と肺動脈弁が閉じる音です。異常な心音、例えばS3やS4の聞き取りは、特定の心疾患を示唆することがあります。

心雑音の聞き取りは、医師の経験と技術に大きく依存します。異常な心音が聴取された場合、通常、さらに詳細な検査へと進むことが推奨されます。

心雑音の評価

心雑音は、心臓内での血液の乱流によって生じます。心雑音の強さ、音色、タイミング、持続時間を評価することで、弁膜症の種類や重症度を推測できます。心雑音は、スケール1から6までの強さで分類され、1が最も弱く、6が最も強いです。

聴診による診断の限界と課題

聴診は非侵襲的でコスト効率が良い方法ですが、診断には限界があります。心雑音の微細な違いを聞き分けることは、医師の経験や技術に依存するため、診断が主観的になる可能性があります。また、肥満や胸部の厚さなど、患者の身体的特徴によっては、心雑音が聞き取りにくい場合があります。

心電図検査

心電図(ECG)は、心臓の電気的活動を記録する検査で、医師が不整脈、虚血性心疾患、心筋梗塞などの診断を行う際に不可欠です。心臓の各拍動に伴う電気的変化をグラフとして描出し、心臓の状態を評価します。

心電図は、特に急性心筋梗塞の診断において重要です。STの上昇、T波の異常、新たな左室肥大の兆候など、特定の波形の変化は、心疾患の有無や種類を特定するための重要な指標となります。

心電図検査の方法

心電図波形の解析

心電図波形は、P波、QRS、T波など、心臓の電気的活動を反映する複数の部分から構成されます。これらの波形の形状、間隔、高さを解析することで、心臓のリズムや機能状態を評価できます。

心電図の解析では、特にQRSの幅やP波の形状が重要です。例えば、QRSの拡大は心室肥大を、異常なP波は心房の問題を示唆します。

心電図検査の臨床応用

不整脈の診断

心電図は、心臓のリズム異常を特定し、不整脈の種類を識別するために広く使用されます。心房細動や心室性頻拍など、多くの不整脈が特有の心電図パターンを示します。

心筋梗塞の検出

急性心筋梗塞は、心電図におけるSTの上昇や新たなQ波の出現といった特定の変化により診断されます。心電図は、心筋梗塞の早期検出と治療開始のタイミングを決定する上で不可欠です。

心電図検査の実施方法

標準12誘導心電図

標準12誘導心電図は、心臓の電気的活動を様々な角度から記録します。この方法では、胸部と四肢に電極を配置し、心臓の前面、側面、下面の電気的活動を捉えます。

ホルター心電図とイベントモニタリング

ホルター心電図は、24時間から48時間にわたって患者の心電図を連続記録します。不規則に発生する不整脈や、日常生活での心臓の動きを評価するのに有用です。イベントモニターは、特定の症状が現れた時に心電図を記録するために患者が使用します。

心電図検査の限界と課題

補完的検査の必要性

心電図の解釈は複雑であり、高度な知識と経験を必要とします。特に微妙な波形の変化は、誤解釈される可能性があります。心電図は非常に有用な診断ツールですが、一部の心疾患は心電図だけでは診断できない場合があります。そのため、心エコー検査、心臓MRI、冠動脈造影などの補完的な検査が必要となることがあります。

胸部X線検査

胸部X線検査は、放射線を使用して胸部の画像を得る基本的な医療検査です。この検査は、心臓の大きさ、形状、および肺の状態を評価し、心不全や先天性心疾患の診断に有用です。また、肺炎や肺腫瘍など、肺の病気を診断する際にも使用されます。

胸部X線検査によって得られた心影の拡大は心不全の重要な証拠であり、肺血管の充血は肺高血圧を示唆します。この検査は、心不全や肺高血圧などの病態の進行をモニタリングする上で非常に有効です。

胸部X線検査による評価

心臓と大血管の評価

胸部X線検査では、心臓の大きさや形状を評価することができます。心臓が拡大している場合、心室肥大や心房拡大などの心疾患の兆候である可能性があります。また、大動脈や肺動脈などの大血管の異常も検出可能です。

肺の状態の評価

肺の透過性の低下(例えば、肺水腫や肺炎によるもの)は、胸部X線画像上で確認できます。また、肺血管のパターンの変化は、肺高血圧や心不全の診断に役立ちます。

胸部X線検査の臨床応用

心不全の診断

胸部X線検査は、心不全の診断において中心的な役割を果たします。心臓の拡大や肺血管の充血、肺水腫の有無など、心不全に関連するいくつかの徴候を識別することができます。

先天性心疾患の評価

先天性心疾患、特に小児期において、胸部X線検査は心臓の異常な形状や大きさ、肺血流の変化を示すことがあります。これらの情報は、疾患の種類と重症度の評価に寄与します。

胸部X線検査の限界と課題

画像の解釈の難しさ

胸部X線検査の画像は、解釈が難しい場合があります。特に、微細な異常や重複する構造によって覆われている異常は見逃されることがあります。そのため、経験豊富な放射線科医による解釈が不可欠です。

心エコー検査

心エコー検査(心臓超音波検査)は、超音波を利用して心臓の動き、弁の機能、心室の壁の動きをリアルタイムで視覚化する非侵襲的な検査です。心疾患の診断や病態のモニタリングに広く用いられており、患者にとって負担が少ない方法です。

心エコー検査は、心筋症や弁膜症の重症度を評価するのに特に有効です。この検査を通じて、心臓の構造的異常や心室の壁運動異常を詳細に検出することができます。

心エコー検査の特徴

検査手法の種類

心エコー検査には、経胸壁心エコー検査(TTE)と経食道心エコー検査(TEE)の二種類があります。TTEは胸壁の外から心臓を観察するもので、TEEは食道を通じて心臓のより詳細な画像を得るためのものです。

画像の解釈

心エコー検査では、心室のサイズ、心壁の厚さ、心室の収縮能力、弁の開閉動作などを評価します。これらの情報から、心臓の機能状態や病態を把握することができます。

心エコー検査の臨床応用

弁膜症の診断と評価

心エコー検査は、弁膜症の診断において重要な役割を果たします。弁の逆流や狭窄を直接視覚化し、病態の重症度を評価することが可能です。

心筋症の管理

心筋症の患者では、心エコー検査を通じて心室の壁運動の異常を検出し、病態の進行をモニタリングすることが重要です。治療の効果を評価するためにも、定期的な心エコー検査が推奨されます。

心エコー検査の限界と課題

心エコー検査は非侵襲的で安全な検査法ですが、画像の質は患者の体格や肺の状態に大きく依存します。肥満やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の患者では、画像が不鮮明になることがあります。

血液検査の役割と心疾患診断

血液検査は心疾患の診断プロセスにおいて重要な役割を果たします。この検査を通じて、炎症、心筋損傷、心不全などの兆候を検出することが可能です。特に、トロポニンやBNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)といったマーカーは、心筋梗塞や心不全の診断に非常に有用です。

トロポニンの上昇は心筋損傷の明確な指標とされ、心不全の場合にはBNPやNT-proBNPのレベルが上昇することが一般的です。これらのマーカーは、心疾患の重症度を評価し、予後を推測するのに役立ちます。

主要な心疾患マーカーとその意義

トロポニン

トロポニンは心筋細胞が損傷を受けた際に血中に放出されるタンパク質で、心筋梗塞の早期発見に非常に敏感な指標です。トロポニンの上昇は、心筋に損傷があることを示し、急性冠症候群の診断に不可欠です。

BNPとNT-proBNP

BNPとNT-proBNPは、心臓が過剰な圧力を感知した際に分泌されるホルモンで、心不全の診断と管理に広く用いられます。これらの値の上昇は、心室が正常に機能していないことを示し、心不全の存在と重症度を評価するのに役立ちます。

血液検査における他の関連マーカー

炎症マーカー

心疾患、特に動脈硬化性疾患においては、炎症マーカーの測定が重要です。C反応性タンパク質(CRP)などの炎症マーカーの上昇は、心血管疾患のリスクが高いことを示します。

脂質プロファイル

血中の脂質レベル、特にLDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレステロールの測定は、心血管疾患のリスク評価に不可欠です。異常な脂質プロファイルは、動脈硬化の進行と密接に関連しています。

血液検査の限界と課題

血液検査は多くの有用な情報を提供しますが、それだけで心疾患の全てを診断することはできません。そのため、心電図、心エコー検査、冠動脈造影などの他の検査と組み合わせて使用することが一般的です。

造影CT検査

造影CT検査は、造影剤を使用して心臓や大動脈などの血管の詳細な画像を提供する医療検査です。この検査は、大動脈解離や肺塞栓症など、血管の異常を診断する際に非常に有効です。

造影CT検査は、血管の異常や解離を詳細に評価する能力に優れており、急性大動脈解離の診断に特に重要です。正確な診断により、適切な治療計画の立案が可能になります。

造影CT検査の特徴

造影剤の使用

造影CT検査では、血管を明瞭に描出するために、造影剤が使用されます。造影剤は血管内に注入され、CT画像上で血管を際立たせることで、異常部位をより明確に視覚化します。

CT技術の進歩

近年のCT技術の進歩により、より高速で高解像度の画像が得られるようになりました。これにより、微細な血管の異常も検出可能となり、診断の精度が向上しています。

造影CT検査の臨床応用

大動脈解離の診断

大動脈解離は、緊急を要する生命を脅かす状態です。造影CT検査は、解離の存在、位置、範囲を正確に評価し、迅速な治療開始に寄与します。

肺塞栓症の検出

肺塞栓症は、肺の血管が血栓で塞がれる病態です。造影CT検査は、血栓の位置や大きさを特定し、治療方針の決定に役立ちます。

造影CT検査の限界と課題

造影剤に関連するリスク

造影剤の使用は、アレルギー反応や腎機能への影響などのリスクを伴います。患者の健康状態を事前に評価し、適切な管理が必要です。

放射線被曝

造影CT検査は放射線を使用するため、被曝に関連するリスクを最小限に抑えるための注意が必要です。特に、繰り返し検査を受ける患者では、放射線量の管理が重要となります。

将来の展望と技術革新

低被曝CT技術の開発

低被曝CT技術の開発は、患者の安全性を向上させる上で重要です。新しい技術により、必要な画像品質を維持しつつ、放射線量を低減することが期待されています。

造影剤の改良

造影剤の改良により、アレルギー反応のリスクを減少させるとともに、腎機能への影響を最小化する新しいタイプの造影剤の開発が進んでいます。これにより、より多くの患者が安全に造影CT検査を受けられるようになることが期待されます。

心臓CT・MRI検査の基本

心臓CT(コンピュータ断層撮影)およびMRI(磁気共鳴画像法)検査は、心臓の構造と機能に関する詳細な情報を提供する画像診断技術です。これらの検査は、先天性心疾患、心筋症、心腫瘍の評価に特に有用であり、心臓疾患の診断と治療計画の立案に欠かせません。

心臓MRIは、心筋の組織特性を評価する能力に優れており、心筋炎や拡張型心筋症など特定の心疾患の診断に特に有効です。一方、心臓CTは心臓の解剖学的構造を高解像度で描出し、冠動脈の評価などに利用されます。

心臓CT検査の特徴と応用

心臓CT検査の技術的特徴

心臓CT検査では、X線を使用して心臓の3次元画像を生成します。この検査は、心臓の解剖学的詳細、特に冠動脈の状態を評価するのに優れています。最新のCT機器では、心拍動の影響を最小限に抑える技術を使用して、鮮明な画像を得ることが可能です。

心臓CT検査の臨床応用

心臓CTは、冠動脈疾患の非侵襲的な評価、心腫瘍の検出、心臓の解剖学的異常の識別に広く用いられています。また、心臓バイパス手術や冠動脈ステント留置後の患者のフォローアップ評価にも重要な役割を果たします。

心臓MRI検査の特徴と応用

心臓MRI検査の技術的特徴

心臓MRIは、強力な磁場と無線波を使用して心臓の画像を生成します。この検査は、心臓の機能と組織特性を非侵襲的に評価できるため、心筋症や心筋炎の診断に特に有用です。心臓MRIは、心臓の動きや血流をリアルタイムで視覚化することが可能で、心臓の機能評価に最適です。

心臓MRI検査の臨床応用

心臓MRIは、心筋の病変や線維化の検出、心室機能の評価、心臓弁膜症の重症度評価に利用されます。特に、心臓の機能的な問題や組織の微細な変化を詳細に評価することができるため、治療計画の立案において重要な情報を提供します。

心臓CT・MRI検査の限界と課題

心臓CTとMRI検査は高度な技術を要するため、専門的な知識を持つ医師による解釈が必要です。また、MRI検査は金属インプラントがある患者には適用できない場合があります。CT検査は放射線被曝のリスクが伴います。

心カテーテル検査

心カテーテル検査は、細いチューブ(カテーテル)を心臓に挿入し、心臓の圧力と血流の測定、冠動脈の視覚化を行います。この検査は、冠動脈疾患の診断や治療(冠動脈ステント留置など)に不可欠で、狭心症や心筋梗塞の診断に特に重要です。

心カテーテル検査は、冠動脈の狭窄や閉塞を直接視覚化し、狭心症や心筋梗塞の患者における冠動脈疾患の診断における金標準です。また、心臓の圧力測定を通じて心不全の評価も行うことができます。

心カテーテル検査の手順

カテーテルの挿入と進行

心カテーテル検査では、カテーテルを大腿動脈または橈骨動脈、上腕動脈から心臓に向けて進めます。このプロセスはX線透視下で行われ、カテーテルの位置を正確に把握しながら進められます。

冠動脈の視覚化と評価

カテーテルが所定の位置に達した後、造影剤を注入して冠動脈の画像を撮影します。この画像を用いて、冠動脈の狭窄や閉塞の有無、程度を評価します。

心カテーテル検査の臨床応用

冠動脈疾患の診断

心カテーテル検査は、冠動脈疾患の診断において中心的な役割を果たします。狭窄や閉塞の正確な位置と程度を把握し、治療計画の立案に不可欠な情報を提供します。

治療手順の実施

心カテーテル検査中に、必要に応じて冠動脈ステントの留置やバルーン血管拡張術などの治療手順が実施されることがあります。これにより、狭窄部位を拡張し、血流を改善します。

心カテーテル検査のリスクと注意点

検査に伴うリスク

心カテーテル検査は比較的安全な手順ですが、出血、感染、造影剤によるアレルギー反応、心臓や血管の損傷などのリスクがあります。これらのリスクは低いものの、患者の状態や既往歴に応じて異なります。

検査後の注意点

検査後は、挿入部位の圧迫や安静を保つことが求められます。また、検査後数時間から1日は、検査部位の出血や腫れを注意深く観察する必要があります。

心カテーテル検査の限界と課題

解剖学的限界

心カテーテル検査では、冠動脈の狭窄や閉塞を直接視覚化できますが、心筋の微細な損傷や血管以外の心臓疾患(例えば心筋症の特定の形態)の詳細な評価は困難な場合があります。このような場合、心エコー検査や心臓MRIといった他の画像診断法が補完的に用いられることがあります。

技術的進歩とトレーニングの必要性

心カテーテル検査は高度な技術を要するため、医師や医療チームはこの検査を安全かつ効果的に実施するために、継続的なトレーニングと経験の積み重ねが必要です。また、新しい検査技術や治療法の導入に伴い、常に最新の知識と技術を習得する必要があります。

心カテーテル検査の将来展望

心カテーテル検査の技術は進歩し続けており、より安全で効果的な治療手順の開発が期待されています。また、新しいバイオマテリアルや薬剤溶出ステントの使用により、治療の成功率が向上しています。

心筋生検

心筋生検は、心臓の筋肉から小さな組織サンプルを採取し、顕微鏡で検査することで特定の心疾患を診断するために用いられる検査です。心筋症、心内膜炎、移植後の拒絶反応など、特定の疾患の存在を確認するために行われます。

心筋生検は、特に不明熱、心不全の原因が不明な場合や心臓移植患者における拒絶反応の評価において重要な役割を果たします。この検査により、病態の特定や適切な治療方針の決定に役立つ貴重な情報が得られます。

心筋生検の実施方法

検査手順

心筋生検は通常、局所麻酔の下で行われます。カテーテルを血管を通じて心臓に進め、心筋の組織サンプルを採取します。このプロセスはX線透視を使用して正確な位置を確認しながら行われます。

組織の分析

採取された心筋組織は、病理学的検査のために顕微鏡下で詳細に分析されます。炎症、線維化、細胞の異常など、心筋の病理学的変化を特定します。

心筋生検の臨床応用

心筋症の診断

心筋生検は、心筋症の種類を特定し、原因を究明するのに有効です。拡張型心筋症、肥大型心筋症など、異なる心筋症が特有の病理学的特徴を持ちます。

心移植後の拒絶反応の評価

心臓移植後の患者管理において、心筋生検は拒絶反応の有無を評価するための金標準とされています。拒絶反応の早期発見により、適切な治療を迅速に開始することができます。

心筋生検の限界と課題

リスクと合併症

心筋生検は侵襲的な手順であるため、出血、感染、心膜穿刺などのリスクが伴います。しかし、経験豊富な医療チームによる実施で、これらのリスクは最小限に抑えられます。

診断の限界

心筋生検では、採取された組織サンプルが病変部位を代表しているとは限りません。心疾患が局所的である場合、病変を含まない組織が採取される可能性があり、診断が困難になることがあります。

心臓電気生理検査(EPS検査)

心臓電気生理検査(EPS検査)は、不整脈の診断と治療に使用される重要な検査です。この検査では、一つまたは複数の細い電極カテーテルを心臓に挿入し、心臓の電気活動を直接記録します。EPS検査により、不整脈の原因や位置を特定し、治療法を決定するための貴重な情報が得られます。

EPS検査は、特に複雑で治療が困難な不整脈の診断において、そのメカニズムを理解し、最適な治療法を決定するために不可欠です。例えば、カテーテルアブレーションという治療法は、EPS検査によって特定された異常な電気経路を焼灼し、不整脈を根治することが可能です。

EPS検査の手順

カテーテルの挿入と配置

EPS検査では、局所麻酔の下、大腿静脈や頸静脈を通じて電極カテーテルが心臓に挿入されます。X線透視を使用してカテーテルの正確な位置を確認しながら、心臓の特定の部位に配置されます。

心電図記録と刺激試験

カテーテルを通じて心臓の電気活動が記録され、必要に応じて心臓に電気刺激を与えることで、不整脈を誘発し、そのメカニズムを解析します。この過程で不整脈の原因や発生源を特定します。

EPS検査の臨床応用

不整脈の診断

EPS検査は、心房細動、心室頻拍、WPW症候群など、さまざまな種類の不整脈の正確な診断に利用されます。この検査により、不整脈の種類と原因が明らかになり、適切な治療法が選択されます。

治療方針の決定

EPS検査の結果に基づき、カテーテルアブレーション、薬物療法、ペースメーカーやICD(植え込み型除細動器)の装着など、患者に最適な治療法が決定されます。特に、カテーテルアブレーションはEPS検査で特定された異常な電気経路を焼灼することで、多くの場合において不整脈を根治します。

EPS検査の限界と課題

リスクと合併症

EPS検査は比較的安全な手順ですが、カテーテル挿入による出血、感染、心膜穿刺、血管損傷などのリスクがあります。また、心臓への電気刺激によって重篤な不整脈を誘発する可能性もあります。

技術的な制限

EPS検査では、心臓の電気活動を直接記録しますが、不整脈の誘発や観察が困難な場合もあります。また、すべての不整脈がEPS検査で誘発できるわけではないため、診断が難しい場合もあります。

24時間ホルター心電図検査

24時間ホルター心電図は、患者の日常生活を送る中で心電図を一日(24時間)連続して記録する検査です。この検査により、不整脈や心筋虚血が発生する瞬間を捉え、症状と心電図所見の関連を評価することが可能になります。

日常生活の中で発生する心電図の変化を捉えることができるため、この検査は患者さんの症状と心電図所見の相関を評価するのに特に有効です。特に、発作的に発生する不整脈や心筋虚血の診断に役立ちます。

24時間ホルター心電図検査の実施方法

検査の準備

検査前に、患者は検査に関する説明を受け、心電図電極が胸部に貼り付けられます。検査装置(ホルター記録器)は小型で携帯可能なため、患者は検査期間中、通常の日常生活を送ることができます。

記録と分析

24時間にわたって心電図データが連続して記録された後、専門の医師や技師によってデータの分析が行われます。心電図の異常パターン、不整脈の発生、心筋虚血の徴候などが詳細に評価されます。

24時間ホルター心電図検査の臨床応用

不整脈の診断

発作的に発生する不整脈や、特定の状況下でのみ現れる不整脈を検出するのに24時間ホルター心電図検査は非常に有効です。心房細動、期外収縮、心室頻拍などの不整脈を正確に記録します。

心筋虚血の評価

心臓への血流が一時的に減少する心筋虚血の発作は、症状が軽微であったり、無症状であることが多いため、24時間ホルター心電図検査による評価が重要です。STセグメントの変化を通じて、心筋虚血のエピソードを検出することが可能です。

24時間ホルター心電図検査の限界と課題

解釈の難しさ

24時間ホルター心電図検査のデータは膨大であり、解釈には専門的な知識と経験が必要です。また、外来の雑音や患者の動作によるアーチファクト(誤った信号)がデータに含まれることがあり、正確な分析を困難にすることがあります。

検査の限界

24時間ホルター心電図検査は、連続記録する期間が限られているため、検査期間外に発生する不整脈や心筋虚血のエピソードを捉えることはできません。このため、症状が不定期に現れる場合には、検査のタイミングが重要になります。

将来の展望

心電図記録技術の進歩により、より長期間のモニタリングや、より精密なデータ分析が可能になることが期待されます。また、ウェアラブルデバイスの発展により、日常生活での心電図モニタリングがより容易になり、不整脈や心筋虚血の診断に新たな可能性が開かれています。

運動負荷心電図検査

運動負荷心電図検査は、運動によって心臓に負荷をかけることで心筋虚血を評価する検査です。主に狭心症や冠動脈疾患の診断に利用され、患者が運動することで心筋の酸素需要が増加し、その際に心電図に虚血の兆候が現れるかどうかを観察します。

運動負荷心電図検査は、冠動脈疾患の診断と管理における重要なツールです。運動による心筋の酸素需要の増加が心電図に虚血の兆候を示すことから、冠動脈の狭窄部位や程度を推定することができます。

運動負荷心電図検査の実施方法

検査手順

患者はトレッドミルやエルゴメータ(自転車エルゴメータ)を使用して運動します。運動の強度は徐々に上げていき、患者の年齢、性別、体力に応じたプロトコルに従います。運動中及び運動後の心電図の変化を連続的に記録し、血圧と心拍数の変化も観察します。

データの解析

運動中にSTの下降やT波の変化など、虚血を示唆する心電図の変化を特に注目して評価します。これらの変化は心筋虚血の有無や重症度を示す重要な指標となります。

運動負荷心電図検査の臨床応用

狭心症の診断

運動負荷心電図検査は、特に労作性狭心症の診断に有効です。運動によって引き起こされる胸痛や不快感が心筋虚血によるものかどうかを評価し、冠動脈疾患の存在を推定します。

冠動脈疾患のリスク評価

この検査は、冠動脈疾患のリスクが疑われる患者の評価にも用いられます。虚血の兆候が見られる場合、冠動脈造影などのさらに詳細な検査を行うことで、冠動脈疾患の診断と治療方針の決定に役立ちます。

運動負荷心電図検査の限界と課題

偽陽性と偽陰性の問題

運動負荷心電図検査には、偽陽性や偽陰性の結果を生じる可能性があります。特に、女性や特定の薬剤を服用している患者では、偽陽性率が高まることがあります。

検査の実施に関する制約

全ての患者が運動負荷心電図検査を受けることができるわけではありません。運動能力が低い患者や、運動に関連するリスクが高い患者(例えば、重度の心不全や重度の肺疾患を持つ患者)では、この検査の実施が困難です。

心筋シンチグラフィの基本

心筋シンチグラフィは、放射性物質(ラジオアイソトープ)を用いて心筋の血流と機能を評価する非侵襲的な画像診断検査です。この検査は心筋虚血や心筋梗塞の診断に特に有用であり、心臓の血流量や心筋の活動状態を視覚化します。

心筋シンチグラフィは、特に運動負荷下での心筋の血流異常を検出するのに優れています。冠動脈疾患の診断と評価に広く用いられており、心臓の状態を非侵襲的に評価することが可能です。

心筋シンチグラフィの実施方法

検査の準備

検査前に、患者に放射性物質を静脈注射します。この物質は心筋に取り込まれ、心筋の血流や代謝状態に基づいて放射線を放出します。

画像の撮影

検査中、患者は特殊なカメラ(ガンマカメラ)の下に寝た状態で静止します。カメラは放出された放射線を検出し、心筋の画像を生成します。この画像から、心筋の血流や機能の異常が評価されます。

心筋シンチグラフィの臨床応用

心筋虚血の診断

心筋シンチグラフィは、心筋虚血の検出に非常に有効です。特に、冠動脈疾患によって引き起こされる心筋の血流低下を検出し、狭心症の診断に役立ちます。

心筋梗塞の評価

心筋梗塞が発生すると、心筋の一部が血流不足により損傷を受けます。心筋シンチグラフィは、梗塞によって影響を受けた心筋領域を特定し、梗塞の範囲と重症度を評価するのに有用です。

心筋シンチグラフィの限界と課題

画像の解釈の難しさ

心筋シンチグラフィで得られる画像の解釈は専門的な知識を要し、時には誤解釈の可能性もあります。また、画像の品質に影響を与える要因(例えば、患者の体格や動き)によって、正確な診断が難しくなる場合があります。

放射線被曝

心筋シンチグラフィは放射性物質を使用するため、患者は一定量の放射線にさらされます。この被曝は通常非常に低リスクですが、放射線への曝露を最小限に抑えるための注意が必要です。

入院~退院後の流れと、リハビリについて

心臓手術を受ける患者の入院から退院後に至るまでのプロセスと、心臓リハビリテーションについては以下のリンクをご参照ください。
入院中のケアから、退院後の生活への適応、そして心臓リハビリテーションを通じての健康回復と生活質の向上に至るまで、ご紹介しています。

よくある質問

こちらのコラムの内容の要点を「よくある質問」からまとめています。

聴診とは何ですか?

聴診は、心音や心雑音を聴取することで心疾患の存在を示唆する医療の基本的な診断方法です。

心電図(ECG)検査の目的は何ですか?

心電図検査は、心臓の電気的活動を記録し、不整脈、虚血性心疾患、心筋梗塞などの診断を行うために使用されます。

心エコー検査とはどのような検査ですか?

心エコー検査は、超音波を利用して心臓の動きや構造をリアルタイムで視覚化する非侵襲的な検査です。

血液検査で心疾患をどのように診断しますか?

血液検査では、トロポニンやBNPなどのマーカーを測定することで心筋損傷や心不全の診断に役立てます。

造影CT検査の主な用途は何ですか?

造影CT検査は、造影剤を使用して心臓や大動脈の血管の詳細な画像を提供し、血管の異常を診断するために使用されます。

心カテーテル検査の目的は何ですか?

心カテーテル検査は、冠動脈の狭窄や閉塞を直接視覚化し、冠動脈疾患の診断や治療に不可欠です。

心筋生検の役割は何ですか?

心筋生検は、心臓の筋肉から小さな組織サンプルを採取し、特定の心疾患の存在を確認するために用いられます。

心臓電気生理検査(EPS検査)の主な目的は何ですか?

EPS検査は、不整脈の原因や位置を特定し、治療法を決定するために使用される重要な検査です。

24時間ホルター心電図検査の重要性は何ですか?

24時間ホルター心電図検査は、一日を通じての心電図の変化を記録し、不整脈や心筋虚血の診断に役立ちます。

運動負荷心電図検査で何を評価できますか?

運動負荷心電図検査は、運動による心筋の酸素需要の増加時に心筋虚血の兆候を評価するために使用されます。

関連コラム

【参考文献】

・一般社団法人 日本循環器学会
2021年改訂版 循環器超音波検査の適応と判読ガイドライン
https://www.j-circ.or.jp/cms/wp-content/uploads/2021/03/JCS2021_Ohte.pdf

心疾患情報執筆者

心疾患情報執筆者

竹口 昌志

看護師

プロフィール

看護師歴:11年
《主な業務歴》
・心臓血管センター業務
(循環器内科・心臓血管外科病棟)
・救命救急センター業務
(ER、血管造影室[心血管カテーテル、脳血管カテーテル]
内視鏡室、CT・MRI・TV室など)
・手術室業務
・新型コロナウイルス関連業務
(PCR検査センター、コロナ救急外来、HCU、コロナ病棟、
コロナ療養型ホテル、コールセンター)

株式会社 増富